仕事にも使えるL.L.Beanボート・アンド・トート・バッグ

Life
この記事は約5分で読めます。

いつもアウトドア系アイテムに触れていたいダイビング捻挫です。こんにちわ。一昔前のサラリーマンの方は、服装やカバン、髪型などをはあまり自由にすることができなかったりもしたようですが、現在は個性や効率などを尊重し選択肢の幅が広がっています。今回は、普段使い用としてはもちろんビジネスバッグとしてもおすすめしたいL.L.Beanの「ボート・アンド・トート・バッグ」についてご紹介いたします。

L.L.Bean(L.L.ビーン)とは


出典:L.L.Bean吉祥寺
L.L.Bean(L.L.ビーン)は、アメリカ合衆国メイン州フリーポートに本社を置くアウトドア用品のメーカー。創業100年を超える老舗アウトドアブランドとして世界中で親しまれています。特にアパレル用品とバッグ関連用品の品ぞろえは幅広く、優れたデザイン性の商品はアウトドアシーンだけでなく普段から愛用できるものが多くあります。

L.L.Bean(L.L.ビーン)のトートバッグ


L.L.Beanの人気商品の中でも特に評価が高いものの1つに「トートバッグ」があります。現在では様々なタイプのトートバッグが発売されていますが、もっともスタンダードとされているのが「ボート・アンド・トート・バッグ」です。「ビーンズ・アイス・キャリア」という氷塊を運ぶために作られたバッグを参考にして開発されました。
アメリカ合衆国メイン州のブランズウィックにあるL.L.Bean(エルエルビーン)自社工場で作られているこのバッグは、運搬している氷が溶けてもすぐに水が染み出てしまわないように、厚手で繊維密度の高い「24オンスキャンバス地」を使用しているのが特徴。機械による全自動ではなく、熟練の職人によって、1つ1つ手作業で丁寧に作られており、当時から変わることのない頑丈な作りとシンプルなデザインで今も変わらず愛され続ける商品となっています。

ボート・アンド・トート・バッグの特徴

とても頑丈


重たい氷を運ぶためのトートバック「ビーンズ・アイス・キャリア」と同じ24オンスのキャンパス地は、生地が厚く繊維密度高いため非常に丈夫。縫製に使われている糸も太く、縫い終わりの縫い返しの回数も多いことから「ほつれ」にも強くなっています。500ポンド(約226キログラム)の錘を入れ込んだ試験においても、ハンドルが切れたり底が抜けることもなくしっかり保持する頑丈さには、驚くほか無いといったところです。

型崩れしない


圧巻の丈夫さを誇る24オンスのキャンパス地は伸びにも強く、長期間使用していても型が崩れるようなことはありません。何も入れていない状態で平らな場所においても自立するほどしっかりとした作りによってもたらされる使い勝手の良さをそのままに、長期間愛用することができるでしょう。

飽きのこないシンプルな美しさ


「丈夫」という機能性を重視したボート・アンド・トート・バッグの作りは、機能美ともいえる美しさを持っています。また、イニシャルや、ちょっとした文字列を刺繍できる「モノグラム」という刺繍を入れれば自分好みにカスタマイズすれば愛着も更に増すこと間違いなし。シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションで男女問わず使うことができます。

お手入れ方法

「ボート・アンド・トート・バッグ」は、丈夫なため長く使っていると段々と汚れてきたりもします。汚れが気になってきた際のお手入れ方法についても以下に参考にしてみてください。

洗濯機は使えるの?

公式FAQでは、「ボートアンドトートバッグは 汚れが目立つ箇所のみ部分洗いされることをおすすめします。丸洗いされるとハンドルのカラーが色落ちする可能性がございますので ご注意ください。」との回答があります。洗濯機を使ってケアしながら長く使っている人もいますので、使えないという訳ではありません。どうしても洗濯機を使う場合、洗い方を選べる洗濯機の場合は「優しく洗う洗い方」で、洗濯洗剤は極力少なめにすると良いでしょう。

基本は部分もみ洗い

汚れを落とすには、部分をもみ洗いするのが基本になります。ぬるま湯を使うと汚れが落ちやすくおすすめ。サイズによってはお風呂の残り湯などを使って優しく「もみ洗い」をすると大概の汚れは落ちていきます。落ちにくい汚れがある場合には、ごく少量の中性洗剤をぬるま湯で薄め、柔らかいブラシ(歯ブラシなど)で軽くこする様に洗うと良いでしょう。あまり強くこすると生地表面が毛羽立ち汚れが付きやすくなったりします。

防水スプレーも効果的

非常に繊維密度の高い生地を使っている為、そのままでもある程度の撥水効果を持っている「ボート・アンド・トート・バッグ」ですが、防水スプレーを吹きかけておくと汚れた雨水や泥はねからの汚れも防いでくれるためおすすめです。因みに防水スプレーは吸い込むと、非常に危険なため通気の良い場所で吹き付けましょう。
ボンドで有名な「コニシ」の防水スプレーはおすすめです

洗ったあとは陰干し

「ボート・アンド・トート・バッグ」は、生地が厚い分乾きにくいため、洗った後はしっかり乾かすことを心掛けましょう。生乾きだと異臭や最悪の場合カビが発生してしまうことも。可能であれば、風通しの良い日陰で乾かすようにしましょう。日当たりの良い場所で乾かす場合は、長時間放置せず乾いたらすぐに取り込むようにすると退色を遅らせることができます。

シンプルイズベストなトートバッグ

「ボート・アンド・トート・バッグ」は「使い易い」、「長く使える」という道具として大切な2つの事を兼備してます。アウトドアシーンはもちろん、買い物などの普段使いからビジネスの現場まで幅広く活躍してくれる買って損のないバッグ。使い勝手の良いバッグをお探しの方は是非一度手に取ってみてはいかがでしょうか?
出し入れしやすいオープントップ

荷物をしっかり収納してくれるジッパータイプ

 






Life
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイビング捻挫をフォローする
Ototem/Outdoor temptation

コメント